業務効率を決めるオフィスレイアウト

オフィスのレイアウトやデスクの配置は、ささいな変化で業務効率や雰囲気に影響を与える重要なものです。面積や人数、部屋の形状にもよりますが、業種や職種、風土に合わせた変更も効果的です。

ゾーニングの考え方

営業スタッフが多いオフィス
コミュニケーションがとりやすいアクティブなオフィス
全体を広く見渡せる、動きやすい動線のオフィスです。どこにいても人の動きがよくわかるため、在席率の低い営業系の企業においてもコミュニケーションロスが発生しません。
本社・事務職系のオフィス
マネジメントや管理・総務業務に注力しやすい空間
執務スペースは一角に集中させ、役員室や会議室などを充実させたオフィスです。本社としての受付対応や、バックオフィスとしての機能が求められるフロアに適しています。
開発系など専門職が多いオフィス
クリエイティビティを育む交流型オフィス
集中するときは集中して、ラフなコミュニケーションも大切にするオフィスレイアウトです。書庫やカフェスペースなど、執務スペースや会議室以外のスペースも充実しています。

オフィスのレイアウト事例はこちら

デスクのレイアウト例

島型対向式 営業職 事務職

デスクを対向させて配置した長方形の島をつくる、もっとも一般的なレイアウトです。部署ごとにひとつの島を設けることが多く、部署内でのコミュニケーションがとりやすいのが特長です。

メリット

  • 従業員同士が密接しているためコミュニケーションが取りやすい
  • デスクと椅子が連結しているため通路用の確保スペースを減らせる
  • 配線処理がしやすい
フリーアドレス型 営業職

個人の固定席をなくし、それぞれが空いている席で仕事を行うレイアウトです。在席率に合わせて席数を必要最小限に抑えられるため、スペースを有効活用できます。

メリット

  • 人員の増減に柔軟に対応できる
  • スペースコストを削減できる
  • 壁がないため従業員同士のコミュニケーションが活発
アクティビティ型 企画職 クリエイティブ職

オフィスに役割を分けた個人デスクや長机を用意し、従業員が都度最適な席を選んで仕事をするレイアウトです。移動可能なデスクを配置すれば、部署を超えたプロジェクト単位でのフレキシブルな業務が可能です。

メリット

  • プロジェクトやチームに合わせた作業環境をセッティングしやすい
  • 業務内容に合わせたデスクやツールを用いることで業務効率が高まる
  • 会議室スペースを削減できる
ブース型 開発職 クリエイティブ職

個人のデスクの周囲をパネルやパーテーションで囲い、独立したブースに見立てているレイアウトです。視界を遮り、騒音を防ぐことができるため作業に集中しやすいパーソナルなワーキングスペースになります。

メリット

  • 作業に集中しやすい
  • ステーショナリーや雑貨などを配置すればパーソナルスペースをつくることができる
チームブース型 企画職 開発職 クリエイティブ職

半ブース型の個人デスクを、背中合わせに複数レイアウトします。個人ではなくチーム単位のブースをつくることで、周囲の視線や騒音は遮りながらも、もっともやり取りの多いチームメンバーとのコミュニケーションが取りやすくなります。

メリット

  • 作業に集中しやすい
  • チームのコミュニケーションが取りやすい
  • ステーショナリーや雑貨などを配置すればパーソナルスペースをつくることができる

三英オフィスサービスがオーダープランをご提案します

ただ机を並べるだけでは質の高いオフィスレイアウトとはいえません。人員や組織体制に合った構成になっているか、使われていない会議室はあまっていないか、隠れた不満点が眠っていないか……と、御社ならではの特性を考慮したレイアウトを三英オフィスサービスがご提案します。

  • ページの先頭へ戻る